小春日和の陽射しの中で

うつ病療養中のjunikeによるブログです。
気の向くままに時々書きますが毎日更新ではありません。。
元記事へのリンクは古い場合切れていることがあります。

チケット3千円の差

先日の連休中、初めて歌舞伎を見た。歌舞伎と言っても古典的なものではなく、新しいタイプのもので「歌舞伎NEXT」と銘打っている。
演目は「阿弖流為」(アテルイ:ATERUI)。主演は市川染五郎、他には中村勘九郎や中村七之助。
これは以前2002年に「劇団☆新感線」によって普通の演劇として上演された。当時も市川染五郎が出ていた。それを今回歌舞伎化したもの。
で、感想等を書きたいところだが、不満の方が先に来てしまう。
アテルイ


公式サイト

座席が二階の左側というところで舞台を正面に見るところではない。挿入した画像では黒丸のついたあたりにいた。この座席表を見るといかにも舞台も花道も全部見えるかのようになっているが、実際には灰色で塗りつぶしたあたりが全然見えない!
花道はおそか、舞台の左袖すら見えない。
今回なぜかその左袖やその花道の当たりで何か台詞を言うことも多かったが全く見えない。
新橋演舞場


二階席の座席の舞台方面の壁に一応テレビモニターがあって、それで様子は何となくわかるが、照明が当たって誰が立っていても全体に白っぽくて区別がつかない。声と台詞で区別するしかない。
チケット代3000円をケチったがためにこうなってしまった。同じチケット代なら3階の正面でも良かったかもしれない。
せっかく花道で「飛び六方」などしても本物が見えない。。

そして、肝心の台詞も補聴器をつけてはいたので音としては聞こえていたが、何と言っているのか聞き分けられなかった。語音識別ができない。だから、古典歌舞伎よりもかなりわかりやすい台詞にも関わらずさっぱりわ分からない。部分的には分かるけど、部分的にしか分からない。一部が分からないのではなく一部しか分からない。。
他の人にも分かりにくいのかというとそうでもないらしい。というのも笑える場面もあり、そこではどっと会場全体に笑いが起きるが、自分には何と言ったのかわからないので笑いようがない。もう毎度のことである。

「阿弖流為」自体は高橋克彦の小説「火怨」を読んでいたのでよく知っていたし、これに感銘を受けたからNHKBSにもわざわざ加入してドラマを見たし、今回の舞台も見ようと思ったほどだ。だから大筋のところはわかっていたので想像で見ていたけれども、舞台の方は小説を基にした訳ではないので全く設定が違う。大まかなところしか合っていない。市川染五郎は日本の歴史の漫画で阿弖流為の存在を知ったという。では高橋版小説の方は知っているのだろうか?何せ八世紀頃の東北の歴史的資料などはほとんどないだろう。だから細かいところはどうにでも解釈できるから、小説もテレビドラマも舞台も全部微妙に設定が違う。
高橋版小説の阿弖流為の描かれ方が圧倒的なので、そのイメージと比較すると他がどうにも納得できぬ。

不満ばかりあげても仕方ない。舞台の台詞もよく分からなかったが、売店で台詞を起こしたような本が売っていたのでそれを買った。まだ途中までしか読んでいないが、読んでみると「ああ、そういうことを言っていたのか。そういう設定だったのか」と分かる。
上演時間が思いの外長くて(というか歌舞伎というのはそういうものらしい)、終演時刻が終電に間に合うか微妙だったので、メインの上演が終わったところで席を立ってしまった。その後カーテンコールというか、出演者が勢ぞろいして挨拶でもしたのかどうかは分からない。ちょっともったいなかったな。いろいろなことか。。。

阿弖流為 (K.Nakashima Selection)
中島 かずき
4846014576

↑今回の舞台の台詞本

↓個人的にお勧めの本
火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫)
高橋 克彦

火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫)
火怨 下 北の燿星アテルイ (講談社文庫)
by G-Tools

最近読んだ本2014年4月、5月

もう6月が終わろうとしているのに、書き忘れていたので書く。

空き家問題 (祥伝社新書)
牧野知弘

4396113714

この問題は他人事ではないと思って読んでみた。するとこれは地方だけでなく都心も含め日本全体の問題でもあった。本書は2014年7月に出版。その後の動きとしては2015年5月より通称「空き家法」が施行されるが、それは強制力を増し、負担を重くするもので、これで解決するとは思えない。もっと根本的な日本の「グランドデザイン」をやり直すくらいのことをしないとだめかもしれない。

関連商品
(036)「空き家」が蝕む日本 (ポプラ新書)
空き家急増の真実―放置・倒壊・限界マンション化を防げ
日本の地価が3分の1になる! 2020年 東京オリンピック後の危機 (光文社新書)
都市の空閑地・空き家を考える
by G-Tools

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)
竜田 一人

4063883183

福島第一原発の作業員となった筆者が漫画でその現実を描いたもの。絵になっているので分かりやすい。位置関係とか様子とか。また多重下請け構造という現実も。そしてそこで「働く」という現実。放射線量を気にしながら、防護服で夏の暑さや鼻の痒さとの戦いやらという現実。こうなっちゃった現場をどうにかするのはこれは一筋縄ではいかないのが絵からも伝わってくる。

関連商品
いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(2) (モーニング KC)
今日もいい天気 原発事故編 (アクションコミックス)
福島第一原発収束作業日記: 3・11からの700日間 (河出文庫)
ストーリー311 あれから3年 漫画で描き残す東日本大震災 (単行本コミックス)
by G-Tools


宇宙を創る実験 (集英社新書)
村山 斉

4087207684

ヒッグス粒子を実験で発見したのは欧州にあるCERNのLHCという1周27kmの円形加速器。本書で扱うILCはほぼ直線型で粒子をぶつける、LHCよりも精度の高いデータが得られると期待されているもの。それによりヒッグス粒子をより詳しく調べたり、さらに新しいものが見つかるかもしれない。その実験施設の有力建設地候補が日本の北上山地。素粒子物理学だけでなくその過程から生まれる技術も実用化されたりするので、もし日本に誘致されるならそのインパクトは大きい。

関連商品
宇宙はどうして始まったのか (光文社新書)
ヒッグスを超えて ポスト標準理論の素粒子物理学 (別冊日経サイエンス)
大規模構造の宇宙論 ―宇宙に生まれた絶妙な多様性― (基本法則から読み解く物理学最前線 4)
超ひも理論をパパに習ってみた 天才物理学者・浪速阪教授の70分講義 (KS科学一般書)
by G-Tools

大格差:機械の知能は仕事と所得をどう変えるか
タイラー・コーエン 若田部 昌澄

4757123264

機械の知能、つまりコンピュータの発展により中間層のやっているような仕事は取って代わられ、それと協業してうまくやれる人とより単純な仕事しかできない人とで格差ができるのではないかという意味での格差論。AIが発展したら雇用や所得にどのような影響が起こるか、そのとき社会制度は?政府の役割は?暮らし方は?というようなことが書かれている。が、チェスの引用が多すぎる……。

関連商品
大停滞
21世紀の資本
人工知能 人類最悪にして最後の発明
じゅうぶん豊かで、貧しい社会:理念なき資本主義の末路 (単行本)
by G-Tools

日本に絶望している人のための政治入門 (文春新書)
三浦 瑠麗

4166610104

冒頭に書いてあるが、この本は特定の政治的主張を声高にあげるいわゆる「政治本」ではない。本屋では素通りされる学問としての「政治学」という視点から時事的な政治の論点を取り上げている。そういうこともあるのか、その手のものに慣れていないからなのか若干難しい。タイトルの通り「絶望という感情に立脚している」ので、その中で理想を語っているところはやはり「それは無理でしょ」と思ってしまうから、結局絶望してしまう。

関連商品
シビリアンの戦争――デモクラシーが攻撃的になるとき
ベーシック・インカム - 国家は貧困問題を解決できるか (中公新書)
政治の眼力 永田町「快人・怪物」列伝 (文春新書)
内心、「日本は戦争をしたらいい」と思っているあなたへ (角川oneテーマ21)
by G-Tools

「 #ビリギャル」見てきた #有村架純

映画の「ビリギャル」を見てきた。
原作は未だに読めていない。だから、実話が元になっているとはいってもどこまでがそうなのかはわからない。
とりあえず知識なしで見てみても、それなりのストーリ性やメッセージ性があるから映画化までされたのだろう。
多分、「偏差値30から慶応に合格した」こととか、それを可能にしたものは何かという部分での「指導者や親の子供の可能性を信じる気持ち」とか、何かに向かって「頑張ることの大事さ」などのことなのだろう。
確かにすごいことだし、がんばったことだと思う。

で、本や映画としてはそういう内容だからとりあえずのゴールが慶応入試合格がゴールになっている。
問題はその先だと、思うのだけどね。慶応に入学して何をしたいのか、何をするのか、その後どうするのか。
モデルとなった本人は今27歳らしい(直前に宣伝用メイキング番組をテレビで見た)。ということはもう卒業してるのかな?今は何をやっているのだろう?

こういう人になりたいみたいな抽象的なことは映画の中で言っていたけど、実際にはどうなんだろう。
合格がゴールじゃないからね。。
映画ならこれで終わってもいいけど。
とりあえず1年前くらいの情報はこんな感じだった。。
慶応大に進学した“ビリギャル” その後の物語
と思ったら、つい最近の記事があった。
結婚した「ビリギャル」、慶応大卒業後の物語 主人公の小林さやかさん、恩師の坪田信貴さんと対談

ウェディングプランナーらしい。


有村架純のこのギャル姿のシーンは伊藤淳史も目のやり所に困ったんじゃないかなw



ビリギャル公式サイト


学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)
坪田信貴

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)
ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法
by G-Tools

最近読んだ本2015年1月から2015年3月まで

前回2回に分けてとか書いておいて1ヶ月も間が空いてしまった。
雑誌が間に入ったのだがそれを除くものとする。

道は開ける 新装版
デール カーネギー Dale Carnegie 香山 晶

4422100521

よく見かけるこの本はハードカバーだったと思う。自分が手にしたのは古本屋で100円で買ったソフトカバーのもの。内容は同じだと思うが。世界的な古典的名著なだけあって悩みと言われるもののあらゆるものがほとんどカバーされていると思う。ただ個人的に期待していた「二週間で鬱病を治すには」は期待外れ。冒頭に線を引きながら読むといいとあるが、エピソードが多のでそうした方がいい。自分は線を引いていなかったのでく読み返そうとしてもポイントがわからない。

関連商品
人を動かす 新装版
話し方入門 新装版
リーダーになるために 新装版
D・カーネギー 自己を伸ばす―カーネギー・トレーニング
カーネギー名言集 新装版
by G-Tools

新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)
池上 彰 佐藤 優

4166610007
佐藤優氏の本は読んだことがない。本書は池上彰氏との対談。まえがきで池上氏が佐藤氏のことを「化け物のような存在」と書いているが、読んでみるとまさにその通り。主には2014年の国際情勢の仔細を例にしながら対談しているが、佐藤氏の慧眼がすごい。「嫌な時代を嫌な時代だと認識できる耐性を身につける必要がある」とのこと。歴史、宗教、民族を知ることも重要。佐藤氏の単著も機会があれば読んでみたいと思った。

関連商品
世界史の極意 (NHK出版新書 451)
賢者の戦略 (新潮新書)
おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか? (NHK出版新書 431)
知の武装: 救国のインテリジェンス (新潮新書 551)
世界を変えた10冊の本 (文春文庫)
by G-Tools

沈みゆく大国アメリカ (集英社新書)
堤 未果

4087207633
本書の中身は米国の医療制度、オバマケアについて。米国の医療制度の不条理を題材とした映画を昔見た記憶があったので、米国でも皆保険制度ができるのならいいことではないかと単純に思っていたが、本書を読むと、日本のそれとはまったく違う実態が明らかにされている。医療も食品も教育も自治体も刑務所すらも1%の富裕層とウォール街の餌食となってきた。そして日本にも今後影響してくるだろうという。本書の最後は続編を示唆して「〜逃げ切れ!日本編〜」とある。

関連商品
政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること 角川SSC新書
(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)
ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
沈みゆく大国アメリカ 〈逃げ切れ! 日本の医療〉 (集英社新書)
ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
by G-Tools

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。――東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦
出雲 充

4478021821
本書はミドリムシ「ユーグレナ」の大量培養に世界で初めて成功し、事業化した出雲氏による上場までの道のりを著した本。それこそ自身の生い立ちから、なぜミドリムシなのかに始まって幾多の危機と出会いがあってようやく上場までこぎつけるところまでが書かれている。生物学的なミドリムシの詳しいことが書いてある訳ではなく、むしろ起業本に類する。「世界を救う」とあるようにミドリムシは世界を救う素晴らしい可能性がありながらなかなかうまくいかないながらも徐々に軌道に乗っていくあたりはやはり志あってのこと。夢は広がる。

関連商品
ミドリムシ大活躍! -小さな生物が創る大きなビジネス- (B&Tブックス)
ミドリムシは植物ですか? 虫ですか? I (B's-LOG COMICS)
がん、放射能から守る!ミドリムシとフコイダン―サバイバル時代を生き抜く次世代食品
鈴木一哉の安心!らくらく! ナチュラリープラス・ビジネス入門
水素のトリセツ 決定版 (主婦と生活生活シリーズ)
by G-Tools

タックス・ヘイブン――逃げていく税金 (岩波新書)
志賀 櫻

4004314178
ピケティが世界的な資産課税を提唱してもタックスヘイブンが存在する限りその意味はない。「タックスヘイブン退治」をしようと話し合おうにも、超富裕層や多国籍企業、テロ組織だけでなく先進国の諜報機関も関係しているらしく一筋縄ではいかないらしい。そうして逃げられた税金は本来は課税されるもので、そのツケは真面目に納税している中間層以下の人たちに。このような例えは本の中にはないが、武力による戦争やサイバー空間での戦争だけでなく、これは「マネーによる戦争」とでも言えるかもしれない。それで世界を窮地に追い込むこともある。

関連商品
タックス・イーター――消えていく税金 (岩波新書)
アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門 (幻冬舎新書)
タックスヘイブンの闇 世界の富は盗まれている!
日銀発 金融危機
マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで (幻冬舎新書)
by G-Tools

最近読んだ本2014年10月から2015年1月まで

最近読んだ本のまとめを半年ほどやっていなかったので2回に分けて紹介します。

防衛大学校で、戦争と安全保障をどう学んだか(祥伝社新書)
杉井敦 星野了俊
4396113684

防衛大学校は自衛官の幹部候補生を養成するところだが、イメージ的にはテレビメディアなどで見る厳しい訓練を想像すると思う。文武で言えばそれが武とすれば、本書は「文」の方についてどのようなことが学ばれているのかがざっくりと書かれている。座学は画にならないのでなかなか知られないが本書を読めば安全保障等の基礎もわかる。学術的、アカデミックなこともやっている。本文中や巻末にある参考資料の方がより専門的だが、入口としてはいいと思う。平和とは?戦争とは?から日米同盟って?尖閣は?のようなものまで。

関連商品
米軍と人民解放軍 米国防総省の対中戦略 (講談社現代新書)
新訂第4版 安全保障学入門
日本の防衛―防衛白書〈平成26年版〉
陸上自衛隊イベントガイド2015
by G-Tools

買い物難民を救え―移動スーパーとくし丸の挑戦
村上 稔
4846114112

買い物難民という社会問題に対し、落選した市議会議員がソーシャルビジネスとして軽トラの移動スーパーという形で事業を興し奮闘している様子を書いているのだが、社会的に非常に意義のあるビジネスだ。孤軍ではなくチームとして組織されているのがうまい。全国的に問題になってくる中で一つのモデルケースかもしれない。注文宅配とは違う意義もある。ただ、「誰にでもできるけど、実際は誰にでもできることではない」くらいの覚悟と本気度が必要。この問題に限らずに何かソーシャルなビジネスを考えている人には参考になると思う。

関連商品
移動販売車がゆく ~買い物弱者を支える「にこやか号」奮闘記~
「買い物難民」をなくせ! 消える商店街、孤立する高齢者 (中公新書ラクレ)
買物難民―もうひとつの高齢者問題
by G-Tools

すごいインド: なぜグローバル人材が輩出するのか (新潮新書 585)
サンジーヴ・スィンハ
4106105853

インドについては断片的、あるいはイメージでしか捉えていないのである程度まとまった形で知りたいところにちょうどいい本。著者は41歳のインド人で在日歴18年。前半は著者の半生をたどりながらインドの変化の過程、社会環境、家庭・地域、教育、インド人の気質などの実情がわかる。「古いインド」から「新しいインド」へ移ろうとして混在している現在、優秀な人材は欧米に流れてしまうのは残念だが、著者はインドと日本の架け橋になろうとしている。貧困や格差の問題もあるが、やはりインドはすごい。

関連商品
インド人とのつきあい方―インドの常識とビジネスの奥義
インド財閥のすべて (平凡社新書)
インドの衝撃 (文春文庫)
by G-Tools


これでもがん治療を続けますか (文春新書)
近藤 誠
4166609661

本書を買った後になって著者は似たような本を多数出しており、中にはベストセラーのものもあったらしいことを知った。また批判も多いことも。がん治療のすべてを否定しているわけではなくて、部位や進行度合いによって有効な治療法はあるのだけど、ほとんどがこの著者に言わせれば違うらしい。がんに限らず医療情報は溢れているので、結局のところどうするかは自己責任ということか?医者に任せるのも自分で調べてどうにかするにしても。とりあえず自分は、せめて死ぬときには苦しみたくはない。。

関連商品
近藤先生、「がんは放置」で本当にいいんですか? (光文社新書)
がん放置療法のすすめ―患者150人の証言 (文春新書)
がんより怖いがん治療
がん治療で殺されない七つの秘訣 (文春新書)
何度でも言う がんとは決して闘うな (文春文庫)
by G-Tools

3つの循環と文明論の科学―人類の未来を大切に思うあなたのためのリベラルアーツ
岸田 一隆
4885554357

10万年前から3つの革命で発展してきた人類。しかし指数関数的な成長はそろそろ方向性を変えないと文明が破滅するというハードランディングが待っている。成長を前提としない持続可能な社会、定常型社会を目指さなければならない、とする。持続可能性についての書籍はすでに数あるそうだが、俯瞰的な入口としては、本書はドラマ「ガリレオ」のセリフの引用などもあり、わかりやすい。

関連商品
定常型社会―新しい「豊かさ」の構想 (岩波新書)
資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書)
「定常経済」は可能だ! (岩波ブックレット)
なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?--数千年に一度の経済と歴史の話
世界文明史の試み - 神話と舞踊
by G-Tools


日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理
北野 幸伯
4797672811

著者は卒業生がロシアの外交官かFSB(元KGB)になるというモスクワの大学を日本人で初めて卒業した北野幸伯氏。ロシア在住なのであらゆる情報源からの国際情勢分析は定評でかつわかりやすい。本書では世界の大局を読む術を本にまとめたもの。著者のメルマガ読者であればいくつかは知っているものもあるがまとまっているのがいい。なぜ国はこう動くのか、などの仕組みがわかる。中国が「日本には尖閣だけでなく、沖縄の領有権もない」と宣言していることすら知らない人などにお勧め。何よりいつもながら読みやすい。

関連商品
日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら
プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?
世界を操る支配者の正体
隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?
自滅する中国
by G-Tools

Windowsタブレット、まだ評価できる段階でもないのだが……

週末になってようやく今週届いたWindowsタブレットをいじりれるようになった。
最初の設定がめんどくさい。

そしてWindowsUpdateかけたら90件以上あってそれに時間がかかる。
ついてきた?Officeを入れようとしたら何だかうまくいかず暫く訳がわからなかったが何とか入った。

ためしにExcelを起動したが、キーボードがないとたった1行を挿入することすらできない。(やり方を知らないだけなのか?)
ましてや1行のある部分をコピーして別の行へ貼り付けるなんてことはタブレットだけでは無理そうだ。

Win8.1が初めてだったので、どう使いづらいのかと思っていたが、たとえばブラウザで何か見て、他のソフトや画面に変えるのにどうやってこれを閉じる(あるいは最小化)のかがわからなかった。。

そんなこんなでバッテリーが切れそうになったのでまだセキュリティソフトもインストールしていない。。
ほんとに予備的存在にしかならないかも。。
あとは壊れた電子書籍リーダー代わりに途中までしか読んでいない本の続きをこちらにリーダーソフトをダウンロードして読むとか。。

SNSにはまだ入っていない。。
ちなみにこの文章はもちろんメインのノートPCから書いている。

もうちょっと使って必要ならBluetoothキーボードでも買おうと思っていたのだが、もしかしたらいらないか?だとすると結構な無駄遣いか、高い保険だ。。

クレムリンメソッド 世界の大局の見方

著者は卒業生がロシアの外交官かFSB(元KGB)になるというモスクワの大学を日本人で初めて卒業した北野幸伯氏。
ロシア在住なのであらゆる情報源からの国際情勢分析は定評でかつわかりやすい。本書では世界の大局を読む術を本にまとめたもの。
著者のメルマガ読者であればいくつかは知っているものもあるがまとまっているのがいい。なぜ国はこう動くのか、などの仕組みがわかる。
中国が「日本には尖閣だけでなく、沖縄の領有権もない」と宣言していることすら知らない人などにお勧め。何よりいつもながら読みやすい。

著者のメルマガ
ロシア政治経済ジャーナル

11の原理を書き出そう(帯にも書いてあるので)。
1.世界の大局を知るには、「主役」「ライバル」「準主役」の動きを見よ
2.世界の歴史は「覇権争奪」の繰り返しである
3.国家にはライフサイクルがある
4.国益とは「金儲け」と「安全の確保」である
5.「エネルギー」は「平和」より重要である
6.「基軸通貨」を握るものが世界を制す
7.「国益」のために、国家はあらゆる「ウソ」をつく
8.世界のすべての情報は「操作」されている
9.世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」
10.戦争とは、「情報戦」「経済戦」「実戦」の三つである
11.「イデオロギー」は、国家が大衆を支配する「道具」にすぎない


日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理
北野 幸伯

4797672811

関連商品:著者の過去のこれらの本もお勧め
日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら
プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?
by G-Tools
お知らせ
★データの入れ替え作業で全記事が二重存在します。修正前のものと後のものが混在しています。
(2007/11/14以前のもの)

■画像について
個別ページで画像が表示されていないページでは記事右上の「次の記事」リンクをクリックすると同じ内容の記事で画像が表示されます。(「ImgRedを利用した引用」の画像はリンクが切れました
プロフィール
二度目の成人式が終わった男性、北関東在住、未婚。05年5月にうつ病発症。現在も療養中。08年3月より3度目の復職に挑戦中。補聴器使用者。

Blogカスタマイズネタはこちらにまとめました。

自己紹介 兼 足跡帳

小春日和の意味:「晩秋から初冬にかけての暖かく穏やかな晴天」(こちら[外部リンク]が詳しいです)


試乗レポリンク集


※記事やこのブログに関係のないトラックバックやコメントはこちらで削除することがあります。
近況報告
14/10/2up

08年3月よりうつ休養から3社目の復職に挑戦中。
自宅から歩いて5分ほどの職場が14年10月より移転し20分かけての車通勤となる。内容は事務の単純労働。
12年10月より午前10半出社となり、様子を見ている。

月別
カテゴリー別
検 索
Google

WWW ThisBlog
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
A D


返品送料もすべて無料なので、お気にいりの一足が見つかるまで何度でも試し履きOK

スリープトラッカー公式サイト

デル株式会社








NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
募 金
twilog



By TwitterIcon.com
BlogPeople
私を登録 by BlogPeople
BlogPeople検索
BlogPeople検索
マイショップ


Amazon.co.jp キッズお誕生日ストア

以下はG-Toolsを使って選んだ「買ってないけど気になる本」のマイショップです。クリックするとマイショップへリンクします。そこからさらにお好みのものを探してみてはいかがでしょうか?


統計



大人が読む数学本


オイラーの贈物―人類の至宝eiπ=-1を学ぶ

天気予報
elnet
  • ライブドアブログ