遅ればせながらようやく「もしドラ」を読んだ。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


レビューにはいろいろ書いてあるが、単純な自分は素直に感動してしまった。
もちろん展開が良すぎるところは多々あるが、そこはフィクションだからいいとする。
ただ、高校野球という組織にドラッカーの理論を当てはめるという発想が面白い。

内容もそれらを踏まえて弱小?チームがだんだん強くなっていき、その間いろんな出来事がありの一種の青春小説にも読める。

ドラッカーの理論はあくまで道具として、目的までの過程で結構感動してしまった。

組織を定義し、目標を設定し、マーケティングとイノベーションをする。それらを「野球部」としてどう落とし込んでいるかというのも面白い。

自分は「組織」はあまり関係ないと思ってはいるが、組織のマネジメントに悩んでいる人にはまずは
↓こちらなのだろうが、この「もしドラ」からでもいいと思う。

マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]
by G-Tools

そしてこれが原作となり来年3月からはNHK総合でアニメ化が決定したそうだ。
そして6月には映画も。

AKB48前田敦子「もしドラ」映画化で初主演(映画.com:10/12/13)

映画の公式サイト

主人公・みなみみなAKB48の前田敦子、キャッチャーの柏木次郎は池松壮亮ってQ10コンビだな。1年生マネージャーの北条文乃にAKB48峯岸みなみ、監督はなぜか大泉洋。。

来年の1~2月に撮影だそうだが、真夏の野球場はどうするんだろう?