小春日和の陽射しの中で

うつ病療養中のjunikeによるブログです。
気の向くままに時々書きますが毎日更新ではありません。。
元記事へのリンクは古い場合切れていることがあります。

情報教育

ICT、衝撃の授業はハードウェアだけではない

衝撃の授業、青山小学校。(Ichiya Nakamura:2010/5/8)

教育現場にITを導入して新しい教育を、というととかくLANを整備するだとか、携帯端末を導入しただとか、電子黒板などハードウェアが強調されがち。

もう少し進むと、それらをきちんと道具として活用する例も出てくる。

しかし、上記のリンク先の授業はまさに衝撃的だった。

子どもたちは少人数のチームごとにタブレット型の無線LANPCを持っている。
そして、授業は算数で協力して立方体の展開図を作ろうというもの。

展開図を作りながら、ネット上でコミュニケーションもとれる。

しかし、徐々に雲行きが怪しくなる。

「ぼくの作ったブロックが壊された」「あっ取られた」という声が挙がり始めました。
 協働して作るつもりが、逆に足を引っ張り合い、うまく行かない。
「こわすな!」「やめてくれ!」「おら」という書き込みも目立ち始めました。


こうなると疑心暗鬼。通常なら授業どころではなくなる。
これをどう収拾させたか。

これが衝撃?たる所以。タネあかしはリンク先を見てください。

これはこうなることを見越してのことだったのか、あるいはこうならなければ本来の算数の授業のままであったのかはわからない。

おそらく伏線がはってあったことからこうなることを見越してのことだろうと思われる。

ここまで来ると、すごいなと思う。

ネットの世界でもリアルの世界でも起こりうること。

伝えたいことがあって、ハードウェアはそれを実現するための単なる道具でしかないこと。

ブログにも書いてあるがそういう事例を蓄積できる仕組みの整備など、ICTに予算をつけてもハードウェアだけでなくソフト面も合わせて考えさせられる事例だと思った。

ちなみにブログを書いた人のサイトのトップページはこちら(Ichiya Nakamura)

子どもの情報発信時代に向けて

子どももWeb2.0の時代〜子どもの5.9%がブログやSNSを利用(RBB:06/09/14)

ネットリサーチサービス「gooリサーチ」担当課長の岡村栄一氏
パソコン・ネット利用について4割以上の家庭で親が子どもを教育している。そのうち約6割が親の知識や経験をもとに教えており、「親のITリテラシーがそのまま子どものITリテラシーに影響する傾向にある」とした。また約6割の家庭が、利用にあたって接続時間や時間帯などに関してルールを設定している。

最後に岡村氏はまとめとして、「子どものネット利用は今後も拡大する。禁止するのではなく、いかに有効活用させるかがポイントだ。将来、ITを使いこなせる人と使えない人の間で情報格差が出ないよう、早い時期から利用促進するのが重要だ」などと語った。

「ITを使いこなす」とはどういうことなのか、「有効活用」とはどういう利用の仕方なのかにもよる。情報格差といっても、すべての情報が正しいとはいえない、どこの情報なのか、情報源は?信憑性は?信頼性は? 大人でさえ情報を鵜呑みにしてしまうこともあるのだから、そういうリテラシー、負の部分もあるということを押さえたリテラシーが求められるのではないだろうか。

(同上岡村氏)
おもしろいのは家庭でネットを何に使っているかだ。「約半数が勉強のための検索に使っている」が、ホームページやブログ、SNSなどの情報発信系サービスを利用している子どもも5.9%いる。

少数とはいえ、これがもっとも懸念される。
特に個人情報に関わることや誹謗中傷、根拠のない決め付け、などなど。発信する側の責任にまで及ばないととんでもないことになりかねない。

子ども向けのポータルサイト「キッズgoo」担当課長の渡辺純子氏
「キッズgoo」内における子どもの利用動向について説明した。まず学校におけるネット利用では、検索の上位100ワードのうち、学期中は「学習ワードが約7割を占めている」という。
〜中略〜
渡辺氏はまとめとして、「受信ばかりでなく、子どもの情報発信が増えている。今後は、発信者としてのルールやマナーを教えていく必要がある。ネット利用の低年齢化は進んでおり、モラルの形成を社会全体で考える時期にきているのではないか」などと語った。


10ヶ月(賞味8ヶ月くらい?)ほど小学校のコンピュータ室という現場にいたけれども、たしかに学習にかかわるキーワードで検索するのだが、検索した結果の使い方に問題がある。ほとんどが丸写しに近い。簡単に情報が手に入るのはいいのだが、それで肝心のそのテーマについて「理解」しているのか疑わしい。
また、キッズgooのようなロボット検索型エンジンだと検索結果が大量に出すぎて、必要とする情報になかなか辿り着けない。検索キーワードとして何をどう入力するかというようなスキルまで求められる。検索するときのコツみたいなものまで教えた。

そして渡辺氏もまた情報発信に伴うルールやマナーについて触れている。
Web2.0は個人が情報を発信し、それらがゆるやかにつながっているものとおおざっぱに考えれば、ネット上での子どもからの発信にはやはりそれなりの教育が必要だろう。


マンガでわかる!親子のためのインターネット&ケータイの使い方―妖精もらるんと楽しくマナーを守るんるん
ブレインワークス
4778200195


なにが危険なの? ホームページ・メール・個人情報
尾花 紀子 高橋 慈子 内田 勝也

なにが危険なの? ホームページ・メール・個人情報
なにができるの? ホームページ・情報活用術 どうトラブルを避けるの? ネット体験・コミュニケーション術
by G-Tools

コンピュータが連れてきた子どもたち―ネットの世界でいま何が起こっているのか
戸塚 滝登

コンピュータが連れてきた子どもたち―ネットの世界でいま何が起こっているのか
小学館 2005-12
おすすめ平均 star
star自分の子供が「一線を越えない」ために
star目からうろこです
star真のIT教育だが、まるで宗教教育のような深さ
事例で学ぶNetモラル―教室で誰でもできる情報モラル教育 情報モラルを鍛える―子どもに求められるコミュニケーションのちから 自己認識としてのメディア・リテラシー―文化的アプローチによる国語科メディア学習プログラムの開発
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑この戸塚先生というのはレビューを見て思い出したのだが、自分が大学生のときに買った『クンクン市のえりちゃんとロゴくん』(Learning With Eri)の著者だった。懐かしい。。
自分が直接的に現場に関わる関係者だとしたらこの本は必読かも。。
お知らせ
★データの入れ替え作業で全記事が二重存在します。修正前のものと後のものが混在しています。
(2007/11/14以前のもの)

■画像について
個別ページで画像が表示されていないページでは記事右上の「次の記事」リンクをクリックすると同じ内容の記事で画像が表示されます。(「ImgRedを利用した引用」の画像はリンクが切れました
プロフィール
二度目の成人式が終わった男性、北関東在住、未婚。05年5月にうつ病発症。現在も療養中。08年3月より3度目の復職に挑戦中。補聴器使用者。

Blogカスタマイズネタはこちらにまとめました。

自己紹介 兼 足跡帳

小春日和の意味:「晩秋から初冬にかけての暖かく穏やかな晴天」(こちら[外部リンク]が詳しいです)


試乗レポリンク集


※記事やこのブログに関係のないトラックバックやコメントはこちらで削除することがあります。
近況報告
19/3/21up

08年3月よりうつ病。
いくつかの職を経て、17年11月より午後だけの4時間勤務。事務。

最新コメント
月別
カテゴリー別
検 索
Google

WWW ThisBlog
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
A D


返品送料もすべて無料なので、お気にいりの一足が見つかるまで何度でも試し履きOK

スリープトラッカー公式サイト

デル株式会社








NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
募 金
twilog



By TwitterIcon.com
BlogPeople
私を登録 by BlogPeople
BlogPeople検索
BlogPeople検索
マイショップ


Amazon.co.jp キッズお誕生日ストア

以下はG-Toolsを使って選んだ「買ってないけど気になる本」のマイショップです。クリックするとマイショップへリンクします。そこからさらにお好みのものを探してみてはいかがでしょうか?


統計



大人が読む数学本


オイラーの贈物―人類の至宝eiπ=-1を学ぶ

 
天気予報
elnet
  • ライブドアブログ